ポルトガルからやってきたマラサダ

マラサダとはポルトガル発祥の揚げ菓子、つまりドーナツのことです。ハワイでは移民としてやってきたポルトガルの子孫たちが販売を始め、大ヒット。ハワイでは人気のおやつとしてカフェやベーカリーで販売されているようです。ちなみに発祥の地であるポルトガルではあまりなじみのないお菓子のようで、ハワイのものと思っている人も少なくないんだとか。

<マラサダってどんなスイーツ?>

マラサダはドーナツに砂糖をまぶしたシンプルなスイーツ。外はカリッと中はフワフワな生地は、素朴ながらも飽きが来ないおいしさ。シンプルなので値段も安く、1つ1ドル以下で買えるため、ハワイの子どもたちの定番のおやつでもあります。もちろん大人も大好きで、人気の店では箱買いしていく人も多いそうですよ。

マラサダの種類は砂糖だけをまぶしてあるシンプルなものがもっともポピュラー。しかしそれだけでなく、砂糖にシナモンパウダーを混ぜ込んであったり、チョコレートやカスタードのようなクリーム入りを出している店もあるので、食べ比べしても楽しむことができます。

<マラサダ有名店が知りたい!>

レナーズ
・住所:933 Kapahulu Ave.
・営業時間:日~木曜5:30~22:00・金、土曜5:30~23:00
・電話:(808)-737-5591

創業は1952年にポルトガル移民の子孫がオープンした、ハワイでも指折りの老舗ベーカリーです。キリスト教徒の多かったポルトガルにはイースターの46日前の水曜日から断食する習慣があり、前日である火曜日をファット・チューズデーとよんでマラサダを作って食べていたそうです。断食に傷んでしまうであろう卵や小麦粉、バターの消費のために作られていたそうで、これにちなみハワイで販売を始めたところ大ヒット。ハワイでは定番のスイーツとなりました。

レナーズのマラサダの特徴はどの店にも負けない軽くてフワフワの生地。サクサクの砂糖との相性も抜群で、何個でも食べられるほどです。また、注文を受けてから調理するスタイルなのでいつ行ってもできたてのアツアツが食べられるのも人気の理由。店先に設置されたベンチでまずはひとつ、食べてみてください。思わず2個、3個と手を伸ばしたくなるおいしさです。

つねにお客が絶えないレナーズですが、開店直後は特に混雑します。有名店だけあり、ダイヤモンドヘッド日の出登山の帰り道やノースショア観光の前に立ち寄るツアーを組んでいる旅行会社が多いため、長い行列ができる日も珍しくないんだとか。朝食にもぴったりなので、通勤前に立ち寄る地元民も多いことも、混雑に拍車をかけているようです。時間に余裕があるのであれば、開店直後は避けたほうがいいでしょう。

レナーズで提供しているマラサダはオリジナルと呼ばれる砂糖をまぶしただけのシンプルなものから、ココナッツクリームやチョコレートが入ったタイプまで様々。中には中国の乾燥梅干しのリーヒンムイパウダーをまぜた、珍しいものまであります。値段はオリジナルが80セントでクリーム入りが1ドル10セント。クリーム入りタイプには月ごとにクリームがかわる「今月の味」というのがあるので、こちらも注目です。

ほかにもポルトガル料理専門店のアグネス・ポルチュギーズ・ベイク・ショップやタロイモ(ポイ)を使ったポイ・グレーズド・マラサダが人気のカメハメハベーカリーなど、オアフ島を中心に、有名店はたくさんあります。レナーズとカメハメハベーカリーは日本にも出店していますので、なじみ深い人もいるでしょう。日本の店との味の違いを確かめてみるのもおすすめです。

Copyright(c) myhappy-life.com All Rights Reserved./写真提供:ペイレスイメージズ