ハワイ島の特徴とは?

あなたは「ハワイ島」という大自然に覆われている島をご存知ですか?ハワイ旅行=ワイキキとイメージしがちですが、それ以外にも魅力的な島が多数存在するのです。今回は目の前で火山活動が見られることで有名なハワイ島の特徴を紹介します。

<ハワイ島の気候について>

一年中温暖な気候のオアフ島と異なり、ハワイ島は夏季と冬季で非常に大きな気温差があります。「ハワイ=南国」と思っている方が多いでしょうが、ハワイ島にあるマウナ・ヘア山の山頂には雪が降ることさえあるのです。決してすべてのエリアが常夏というわけではないということを覚えておきましょう。

また、ハワイ島東部には「ヒロ」という日系人が作り上げた都市があり、そこは「雨の都」と呼ばれる程、降水量が多い場所です。日本でいうならば、屋久島が降水量での多さで有名ですよね。

高温多湿でありながら、季節によっては雪も降るという変わった気候を持つ島なので、訪れる際は「雨具」や「防寒着」など、いつも以上に多くの荷物を持っていく必要があるのです。

<ハワイ島にはどんな魅力がある?>

冒頭でも紹介したように、ハワイ島にはワイキキのような繁華街がありません。商業施設や観光施設がほとんど無いのです。あるものは「豊かな自然」と「火山」です。ハワイ島は「ビッグアイランド」と呼ばれ、その面積はハワイ諸島最大となっています。

そして、ハワイ島は「目の前で火山活動を見ることができる」数少ない場所です。煮えたぎるマグマがゆっくりと流れていく様は圧巻の一言です。この火山活動を見るために、世界中からたくさんの観光客が押し寄せます。

また、人の手が入っていないような、豊かな自然もあるのです。都市としては栄えていないものの、その分自然がそのまま残っているので、ゆったりとした時間を過ごしたい方にオススメです。豊富なマイナスイオンを浴びて、心からリラックスすることができるでしょう。

<ハワイ島には公共交通機関がほぼ無い>

オアフ島で有名な公共交通機関といえば「ザ・バス」ですが、ハワイ島にはそういった交通機関がほとんど存在しません。なので、島内での移動は基本的に「レンタカー」となります。空港でレンタルすることができるので、手軽に利用することができます。

目的地がホテルから近いのであれば、「自転車」を借りるのも良いでしょう。何にせよ交通機関が整備されていないので、どこに行くにも自分の力で移動しなければならないのです。

このように、ハワイ島にはオアフ島とは違った魅力が存在します。オアフ島は観光客で賑わうので、人気が無いところでくつろぎたいという方は、ハワイ島を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

Copyright(c) myhappy-life.com All Rights Reserved./写真提供:ペイレスイメージズ