大自然の中で楽しむゴルフ

ハワイに何度も足を運ぶリピーターの中には、ゴルフ目当ての人も多いよう。芸能人の中でも毎年ゴルフのためだけにハワイに行く、という人も数多くいますね。そんなゴルフが盛んなハワイで、おすすめのゴルフコースを紹介します。

<ハワイ島でおすすめのゴルフコース>

火山の溶岩が作り出す特殊な地形をいかして作られたコースが多いハワイ島。海を眺めながらラウンドできることもあり、ゴルフ好きにはたまりません。

フランシス・H・イイ・ブラウンサウスコース ハワイ島のマウナラニリゾート内にある、溶岩の中に作られたゴルフコース。初心者、シングルプレイヤーでも楽しむことができ、海を眺めながらのプレーも可能です。海の青、芝生の緑、溶岩の黒のコントラストが美しく、ゴルフそっちのけで眺めていたくなるほどなんだとか。

レイアウトもほかのコースとは一味違った作りとなっていて、海を前面に出しているのが特徴。海沿いのホールはもちろん、海越えするホールも。海に浮かんでいるようなホールもあるため、技術どうこうよりも楽しみながらゴルフをしたい人におすすめです。

ホールは全部で36、その芸術性は世界的な評価も高く、ゴルフ・マガジンなどのゴルフ専門誌から頻繁に表彰を受けるほどです。また、ハワイ・ステート・オープンの開催地としても知られており、プロゴルファーたちが熱い戦いを繰り広げています。過去にはレジェド級のゴルフプレーヤー、アーノルド・パーマーやジャック・ニクラウスなどが参加したシニア・スキンズゲームも開催され、世界中のゴルフ愛好家の憧れの地なんだそうです。

ファラライゴルフ ジャック・ニクラウスシグネチャーコース 伝説のプロゴルファー、ジャック・ニクラウスが設計したゴルフコースのひとつで、ハワイ島ではこちらも人気。マウナラニリゾートのコースと同じく溶岩の中に作られたコースですが、こちらは広々としていて、地球の丸さがわかるのではないかというほど一切周囲に建物がありません。あるのはクラブハウウス程度で本当に遠くの景色まで見渡せますので、まるで地球をひとりじめしているかのような開放的な気分でゴルフを楽しめます。

広々としながらも趣向を凝らしたホールも多く、溶岩の壁があるホールや、グリーンの中にバンカーがあるホールなど技術力が試されるものも。特に溶岩はボールが当たるとどこに跳ね返るかわからないため、熟練者でも苦戦することが多いのだとか。溶岩はホール内の各所に設置されており、ニコラウス氏のユーモアが垣間見えます。

<オアフ島のおすすめのゴルフコース>

ハワイ諸島一の繁華街をもつオアフ島にも、ゴルフ好きから評価が高いコースがたくさんあります。特にエバ地区には人気のコースが多く集まっていて、数多くのゴルフ好きから親しまれているようです。

ホアカレイカントリークラブ 2009年にオープンした、エバ地区にあるプライベートコース。会員になるか、会員と同伴、紹介がなければプレーすることができないため、一般観光客は残念ながらプレーできません。しかし、限られた人だけがプレーできるとあってコンディションはつねに最高の状態に保たれており、芝がはげていたりすることはまずありません。芝の密度も高く、オアフ島の中では間違いなくトップクラスと言えるクオリティです。

このコースの最大の特徴は池が多く設置されていること。大小様々な池がいたるところに設置されており、ほとんどのホールで池が絡んでいるほどです。また、もうひとつの特徴がホールの周りに敷き詰められたウッドチップとウェスティンバンカー。特に泥のバンカーであるウェスティンバンカーは日本のコースではあまり見られないものなので、体験できる貴重な機会となりそうです。

コース内のレイアウトなどはトーナメントの開催を前提として設計されているようで、全体的に平坦な作りとなっています。しかし戦略性や高いゴルフセンスが必要な絶妙な地形となっているため、初心者は思いのほか苦労するコースかもしれません。ある程度ゴルフに精通した人ならば、微妙な傾斜をいかに攻略するかに熱くなれることでしょう。

男性だけならず女性にも人気のゴルフ。数々の魅力あふれるコース目当てに、夫婦で訪れる人たちも少なくないそうです。ホール間を移動する際やショットのあとなど、知らず知らずのうちに会話が増え、コミュニケーションがとれてしまうゴルフ。パートナーの意外な一面を見られるいい機会でもありますので、ぜひご一緒に出掛けてみてください。

Copyright(c) myhappy-life.com All Rights Reserved./写真提供:ペイレスイメージズ