はじめてのハワイで失敗しないために

はじめての海外旅行でハワイに行くという方も多いでしょう。ですが、日本とはかなり勝手が違う海外ですので、失敗してしまう方も少なくありません。 トラブルに巻き込まれてしまったりすれば、せっかくの海外旅行が台無しになってしまうかもしれません。

そこで、ここでははじめてのハワイ旅行に失敗しないためのポイントをいくつかご紹介してみたいと思います。

<飛行機内から注意は必要!感染症にも注意!>

日本からハワイに行くには、飛行機の中で6時間も過ごさなければなりません。これほどの時間、密閉された空間の中で、多い場合は600人以上の人と一緒に過ごすことになります。

そのため、飛行機の中で、さまざなウイルスなどに感染してしまうという方が意外と多いのです。特にはじめてハワイへ行くという方の場合、到着と同時に体調を崩してしまい、旅行どころではなくなってしまうこともあります。

飛行機の中は非常に乾燥していますので、風邪をひいている乗客が一人でもいれば、多くの人が感染してしまう可能性があります。

そこで、これを防ぐために機内ではマスクを装着するといった対策を打つようにしましょう。もちろん、搭乗前にしっかりと栄養補給をして、体調を整えておくことも大切なポイントです。

特にインフルエンザなどが流行するシーズンにはより注意しましょう。

<喫煙や飲酒にも注意!>

近年では日本国内でも喫煙や飲酒に関する取り締まりは厳しいものとなっていますが、ハワイはそれ以上です。 ホテルなどの建物内はもちろんのこと、その周辺でも喫煙が禁止されています。たとえばホテルであれば、出入り口から6m以上離れなければ喫煙することはできません。

専用の喫煙所もありますが、数はそれほど多くはありません。もし、喫煙が禁止されている場所でタバコを吸ってしまうと、警官に捕まってしまうこともありますので、愛煙家の方は注意が必要です。

また、飲酒に関してもハワイではかなり厳しいルールを守らなければなりません。特に、日本人観光客がおかしてしまうミスがビーチでビールを飲んでしまう、というものです。ハワイでは公園やビーチなどでの飲酒は固く禁じられています。

日本の海水浴場などでは、よくビールを飲んでいる光景がみられますので、私たちにとっては当たり前かもしれませんが、ハワイでは通用しません。 この場合も、警官に逮捕されてしまうことがありますので、注意しましょう。

また、ハワイではコンビニなどでもお酒やタバコの購入ができますが、基本的にパスポートなどの提示が必要となります。この点も頭に入れておきましょう。

<どこに行くにしても予約が必要!>

日本ではちょっと食事をとるために行くレストランに予約をするといった習慣はあまりありません。しかし、ハワイでは多くの場所で予約が必要となります。 ちょっとしたレストランやさまざまなサービスを受けるにしても予約しなければならないケースがほとんどですので、早い段階で計画をたてて、予約をするようにしましょう。最近では、ネット予約に対応しているところも多くなっていますので、上手に利用しましょう。

このように、ハワイでは日本の常識がまるで通用しないこともあります。しっかりと、頭に入れて、快適な旅を楽しめるようにしましょう。

Copyright(c) myhappy-life.com All Rights Reserved./写真提供:ペイレスイメージズ